柴犬たろう君日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 心臓の精密検査(2回目)

<<   作成日時 : 2017/05/15 23:09   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

先週、JASMINEどうぶつ循環器病センターで
再び心臓の検査をしてきました

前回の検査から1ヶ月半後と間隔が短かかったのは、
今年に入って急に数値が上がってしまったことから
その進み具合を見るためです

検査前の緊張気味のたろう君
画像


検査終了後のたろう君
画像

お疲れ〜
画像


この後、検査結果の説明を受けました

エコー検査では、カラードプラでの逆流の様子や、
僧帽弁が心房側へ折り曲がる動きは前回と変わらず

また
心拡大を判断する3つの指標と基準値     と     たろう君の数値 
                    
                                     今回    前回
心臓椎骨サイズ(VHS) 10.5以上               10.4   9.9
左心房・大動脈径比(LA/Ao) 1.57以上           1.34   1.56
標準化左室拡張末期径(LVEDDN) 1.73以上        2.11   2.02

今回も3つの指標のうち、1つで基準値を超えていました

たろう君は左心室の方が大きくなる症状だそうです

たろう君のNT-proBNP検査の数値が高い(この時は2064)のも、
この数値が心室への負荷の程度を示すものなので、説明がつきます

(後で自分で調べたところ、左心房が肥大すると近くを通る
 気管を圧迫するようになり、咳が出るようになるので、
 たろう君に今のところ咳の症状がないのは、これで分かったような・・・)

前回より上がったもの下がったものありますが、
動いている心臓をミリ単位で計った数値なので、
このくらいの数値の変化だと、前回から大きな変化は無し
という解釈になるそうです

ということで、次の検査は3ケ月後になりました

この1ヵ月半というもの、心臓のことが常に頭にあるので、
何かの拍子に、たろう君がちょっとでもゼーハーすると
「あれっ、大丈夫かな?」とすぐに心配になっていました

先生にも現にゼーハーしている様子(病院で緊張しててですが・・・)を
見てもらったところ、これは全く心配の無いゼーハーだそうです

肺水腫になると舌がチアノーゼで青紫色になるそうですが、
たろう君の舌の色はとてもきれいだそうです


この日の検査では、急な悪化も見られずにとりあえず一安心

ただ、たろう君の場合、腱策断裂の疑いもあり
肥大だけのケースより、急な肺水腫のリスクは高いようです

先々手術という選択肢も有るのですが、
今の全く元気な様子を見ればやはり躊躇してしまいます

かといって、このまま経過を見ていった結果、
年齢が上がってから発症となれば
それだけ合併症などのリスクも高くなり
あの時手術しておけばという後悔もしたくないし

悩みます・・・



この日の検査でもたろう君、とってもいい子でしたとのこと

身体を横倒しにするエコー検査の時も大人しくできたそうで、
これにはとーちゃんもかあちゃんもビックリでした

先生もスタッフの方も優しくたろう君に接してくれます

病院の雰囲気もとても静かで落ち着いているので
検査中のワンコもリラックスできる環境なんでしょうね


次回の検査までの3ヶ月間
高温多湿で心臓に負担のかかる時期になります

今以上に体調管理に気をつけて過ごしたいです








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心臓の精密検査(2回目) 柴犬たろう君日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる