術後2年の日に術後2年検査でした

2月13日で
たろう君の僧帽弁閉鎖不全症手術から2年になりました

雨上がりの公園の丘で
IMG_3007.JPG
2年前のこの時間はちょうど手術の真っ最中

予定の時間を過ぎても呼ばれず、不安と息苦しさの中で
手術室につながるドアをじっと見つめている頃でした

そんな2年前のことをいろいろ思い出しながら、
青空の下たろう君を歩いていると、
改めてこうして一緒にいることの出来る今が
この上なく大切なものに思えてきました




そして午後は術後2年検査でした

前庭疾患発症で検査日の変更をしたら、
偶然同じ日になりました

受付を済ませるとまずお外でご用を足して
IMG_3036.JPG
緊張の面持ちで検査にそなえます
IMG_3042.JPG
検査は約1時間で終了

検査が終わっても、まだ緊張気味
IMG_3060.JPG
カート反対向きに顔を出しているので、
お耳片方どこ~?になってます

毎回ドキドキ私の心臓に悪い検査の結果待ちですが、
たろう君の心臓の状態は引き続き安定しているとのことでした

心臓エコーで見る僧房弁はしっかり閉じています
IMG_3311.PNG
残っている逆流(緑の部分)が前回の検査より少し増えていますが、
手術をしても弁の変性は進行するので、それによって増えている
可能性はあるそうです

この点はちょっと心配になりますが、
数値的には、左心室のLVIDDN以外は全て基準値内だったので、
概ね安定していると言って良さそうです

引き続きピモベンタンを服用します

不正脈は、心電図をとっている最中は期外収縮は現れず
(エコー中には現れたそうですが)血圧も正常でした

次回の検査はまた半年後

これからも現状維持が目標です



手術前、上地先生から心臓は手術前にどんなに検査をしても
最後は実際に開けてみないと分からないと言われ、
実際開けてみたたろう君の心臓は
先生の予想以上にひどい状態だったそうです

僧帽弁と心臓壁を繋ぐ腱策は殆ど切れ、
かろうじて一本だけが繋がって残っていました

なので2年前のこの日は、ゴアテックスの糸6本でしっかりと
文字通り命を繋ぎ直して頂いた日です




JASMINEどうぶつ循環器病センターは5月に移転をするので、
こちらの場所で診てもらうのはこの日がラスト

いろいろ思い出のある場所なので、記念撮影しました
IMG_3085.jpg
IMG_3077.jpg



家に帰って12時間ぶりのご飯
IMG_3118.jpg
真剣な眼差しで待ってます

お腹も一杯になってやっと落ち着きました
IMG_3123.JPG
その後は爆睡です
IMG_3135.JPG
検査よく頑張ったね



instagramはこちら










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年02月23日 07:50
2年、経つんですね。
いい先生が近くにいらしてホント良かったですよね。

これからも 現状維持で まったりと過ごしてね。
たろうはは
2020年02月24日 17:52
Nyantaさま

ありがとうございます。
海外から手術を受けに来るくらいの
先生が、電車で通える距離にいらしたのは
本当に幸運でした。
これからも欲張らず油断せず、見守っていきたいと思っています。