僧帽弁閉鎖不全症手術の記録(10) 手術5日目 退院

(今日から8月、なのにまだ2月のことを書いてます・・・
 今日で術後169日、やっと退院までの記録が完成しそうです)
 

術後5日目
たろう君、JASMINEどうぶつ循環器病センター退院の日

朝、目を覚ましても隣にたろう君がいないのも今日までです

予定より少し遅れて11時半に病院到着

しばらくして待合室に現れたたろう君、
鼻の頭がなんだか変です??
画像

最初なにかくっついているのかと思ったら
鼻の黒い皮膚が擦りむけて血が滲んでます

看護師さんの説明では
今朝自分のスペースでふんをしたのをトイレシーツで隠そう?
としているうちに自分で引っ掻いてしまったそうです
(と、すごく申し訳なさそうに話してくれました・・・)

う~ん、最後の最後にやらかしてくれました



しばらく応接室で待ちます
画像

画像

たろう君、お鼻の傷は目立ちますが、なんだか嬉しそう


この後、診察室で先生から朝の検査の説明を受けました

炎症反応は6.2まで下がりました

エコーでは逆流はほとんど見られません
画像

心電図も正常

心臓の大きさ(VHS)も手術直前11.1だったのが
昨日は10.3まで小さくなりました
この先まだ小さくなる余地があるとのこと

LA/Aoは術前2.09が1.39になり基準値の1.57以下に

というように、ほとんどの数値が改善しているのに
心臓の動き(収縮率)だけは15.4%で相変わらず良くありません
基準値35%なので半分以下です

もう5日も経つのに心配です
もうしばらく心筋のリカバリーを待つことに

強心剤のピモベハートも続けることになりました

手術の後は心臓のお薬とはおさらばと期待していたので
ガッカリですが仕方ありません



家に帰ってからの注意事項も聞きました

たろう君の過ごすスペースは一部屋プラス
普通の広さのベランダくらいならOK

手術前は、サークルで囲った分くらいと思っていたので、
(上地先生の本にもそのようなことが書いてありました)
ストレスが溜まりそうと心配でしたが、これなら普段のスペースと
ほとんど変わりないのでホッとしました

ただし激しい動きはさせないように
トイレのための外出も最小限にする

ご飯は1日3回のほうがよいが2回でもかまわない

この後退院の手続きをして
1ヶ月検査の予約もしました


再び応接室に戻り、たろう君キャリーに入ってもらいます

手術間もないたろう君が窮屈にならないように、
この日はいつもより大きめのテントキャリーを用意しました


画像

画像

12時50分タクシーで病院を後にしました

道中のたろう君、なぜかキャリーの中で頭を低くして
お座りした姿勢のままです
あまりリラックス出来ていないような・・・

せっかく大きめキャリーにしたのに
かえって落ち着かなかったかな?


病院から40分ほどで家に到着

玄関先でいつものカートに乗り換えて、いつもの公園へ
画像

芝生の上でたろう君を降ろすと、いきなりスタスタ歩き出しました

手短にオシッコを済ませると再びカートで家に帰りました


晴れて帰宅です

足拭き中、ちょこんと抱っこされているのが可愛い
画像

            足元のビールの箱はスルーして下さい(笑)


そして抱っこでサークルへ

手術の日の朝、いよいよ出発という時に
もうなんとも言えない気持ちで、たろう君をお布団から
抱き上げたことを思い出しました

こうして無事にたろう君を連れて帰ってこられたことを
かみしめながら、そーっと抱き下ろしました


感慨に浸るかあちゃんをよそに、当のたろう君はというと・・・

サークルの中をしばらくウロウロしてからお水を飲んで
画像

サークルから出してあげると、今度はベランダへ出たい
画像

ベランダをひとしきり点検すると、今度はリビングや台所を点検

留守が長かった分、あちこち気になって仕方ないみたいです



そしてまたベランダに出て、今度は寝そべって日向ぼっこ
画像

          嬉しい光景


その後は小さいお布団の上
画像

それから、やっとサークルの中の本宅(いつものお布団)へ
画像

安心したのかやっと寝てくれました

帰ってから、こうしてお布団に落ち着くまで約50分かかりました


ちょうどテレビでは平昌オリンピックでの宇野昌磨選手の
演技で「誰も寝てはならぬ」が流れてました
画像

      たろう君はちゃんと寝てね~





ひと眠りした後、ヨーグルトを少し食べて
画像

また寝ちゃいました
画像

やっぱり自分のお布団が一番


夜、ご飯の準備をしていると、気配で起き出してお座り
画像

ラム缶にお湯で柔らかくしたカリカリ
画像

元気に完食

その後また寝てしまいました


夜の11時半頃、再び外へ

カートだと帰る時に入るのを嫌がりそうなので、
かあちゃんが行き帰り抱っこをすることになりました

手術間もないので、抱っこも足拭きも
扱いがこわごわになってしまいますが、
手術跡は痛くはないようで、特に嫌がったりしません

帰るとまたひと眠り
画像



午前1時に人間もやっと就寝
寝る時は、いつもと同じように一緒に寝室で
画像

お布団にすっぽりで顔を洗うような仕草が可愛い~

と、見ていたら身体を掻く様な仕草をしたので
慌ててTシャツを着せました
画像

一瞬固まってしまいましたが、もうすでに包帯着も着ているので
さほど気にならないみたい

自分のお布団で寝てしまいました
画像

私も帰ってきてくれた小さな可愛い背中を見ながらZZZ

まだ合併症の心配もあり気が抜けませんが、
手術からの怒涛の5日間をなんとか無事に乗り切ることが出来ました

感謝、感謝です









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック