柴犬たろう君日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 良かったこと二つ、悪かったこと一つ

<<   作成日時 : 2017/03/12 16:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日は3月11日、昨夜のたろう君
画像

6年前のこの日の夜から
それまでリビングで寝ていたたろう君を、
寝室で寝かすようになりました

繰り返す余震に緊急地震速報のアラーム、
いきなり違う部屋に連れてこられたこともあり、
落ち着かない様子で、一晩中部屋の中をウロウロ
していました

今では当たり前になった習慣のきっかけが、
あの大地震だったこと、忘れません



例の鼻の横のポツ、無事に処置が済みました

正体は脂の塊でした

針を刺して絞って採っている写真と実際に採れたブツを
見せてもらいましたが、本当にバターみたいでした

なので、こちらはお咎め無し(?)で病理検査無し

一緒にお願いした肘と内股(にも同じようなものがあり)の皮角と、
あと上唇に本当に小さく出来ていた細長いイボは
切除してもらい、皮角は一針縫いました

10日後に抜糸です

こちらは一応病理検査に出しましたが、
悪いものではなさそうです
画像

結局持参したエリカラも出番無く帰ってきました

鼻の横は芯は残っているので、今でも触るとグリグリします
画像

でもこれまで取るとなると、結構大変なのでこのままです



今回の採血のついでに、混合ワクチンの抗体価検査もしました

結果は、パルボもジステンパーも去年よりは下がりましたが、
ぎりぎり基準値キープ
 
ということで、今年も混合ワクチンはお休みできます

以上、良かったことです



そして、悪かったこと・・・


たろう君の心臓の数値が急に悪くなってしまいました

年末の検査でも、1年前よりだいぶ数値が上がっていて、
今回はその再検査だったのですが、3ヶ月も経っていないのに
さらに数値が上がってしまい、正直かなりショックを受けています

年末の検査のときに説明された薬を、飲み始めることになりました

ACE阻害剤という心臓の負担を軽減させる薬です

飲み始めるとずっと飲み続けなくてはいけない薬なので、
年末の段階ではかなり躊躇したのですが・・・
画像

            やっぱり薬は馬肉コーティング


2014年の12月に初めて心雑音を指摘されてした検査では、
僧帽弁が少し厚くなっているものの、その他の数値は正常範囲

翌年2015年の検査でも、ほぼ変わらず

ところが去年の年末
BNPという心臓にかかる負担の程度を示す数値が急に上がり、
でも、この段階では心臓の大きさの数値(VHS)は去年より上がって
いるものの基準値内でした

ところが3ヶ月も経っていないうちに、
BNPの数値がさらに急上昇、
VHSも基準値を少し超えてしまいました


いろいろな検査結果の数値は悪いのですが、
今のところ咳や疲れやすくなったというような症状はありません

ただちょっと気になるのは、少し前(検査の数日前頃)から、
いつものように散歩で小走りしているときの息遣いが、
なんだかいつもと違うような・・・

それでも相変わらずの引っ張り犬で、
「お願いだから引っ張らないで〜」とこっちがヒヤヒヤしてます

いわゆるシニアという年齢になっても、
年齢不相応に元気なたろう君

心臓の病気なんて、一番縁遠いと思っていました

そして心雑音が出るようになっても、
症状はもっとゆっくり進んでいくものと思っていたので、
この急な展開はかなりショックです

かかり付けの先生とも相談して、
循環器専門の先生に診てもらうことを考えています


ちょっと深刻な話になりましたが

当犬は至って元気です
とても心臓に問題があるようには見えません
画像

昨夜は煮魚にするキンキを下準備していたら
なぜか期待の眼差し・・・さすがに煮魚はあげられないよ〜

かーちゃんもそんなたろう君に、たっぷり癒されつつ
一生懸命情報収集してます




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
たろう君、
チクチクご苦労様👍
ママさんも、お疲れ様でした😊

心臓の症状、心配ですね。
うちも、クッシングなどの、
病気があり、一生お薬は、
手放せない状態ですが、

たろう君と同じ年の我が子ですが、
毎日!元気に食欲旺盛で過ごしています。

大変な時もあるけれど、
お互い、癒してくれるこの子達の為に、
頑張りましょう💪


gyoza
2017/03/14 14:47
 様々なわんこブログで病気の記事をみると、うちのわんこはホントに「立派な老衰」だったんだな〜と、思います。最期まで「心臓が丈夫でよろしい!」と誉められていたのですが、精一杯のぱんぱんだったあたいは、そのありがたさを十分理解できていませんでした。
 皆さんがわんこの健康に気を配っている様子を読むにつけ、反省・反省です。
Nyanta
2017/03/14 20:59
gyozaさま

ありがとうございます。
gyozaさんのおうちの子もお薬
飲んでいるのですね。
ワンコの11歳は、人間にすれば
身体にいろいろ悪いところも出てくる
頃ですものね。
「一病息災」の言葉もありますし、
大切な家族ですから、健康に気を
つけてあげて、いつまでも元気に
ご機嫌に過ごしてくれるよう
お互い頑張りましょうね!
たろうはは
2017/03/18 20:09
Nyantaさま

ワンコも昔よりずいぶん長生き
出来る子が増えて、それにつれ
やっぱりいろいろ病気も出てくる
ようになったようですね。
でも治療法のほうも進んで、昔では
ヒトでも難しかった治療が、今では
ワンコにも出来るようなったりで
心臓も例外ではないようです。
長く一緒に暮らしてきた大切な家族です。
これからも健康に気を配って、
元気に過ごしてくれるように
出来る限りのことはしたいと
思っています。
たろうはは
2017/03/18 20:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
良かったこと二つ、悪かったこと一つ 柴犬たろう君日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる